nobody knows diary

読んだ論文をまとめています。自分用の備忘録が目的ですが、全体公開することで少し緊張感を持って勉強していけるかなと思いまして…。もし間違っているところなどありましたら、ご指摘ください。

「高齢期難聴がもたらす負の影響」 と 「介入の可能性」 について

内田育恵:高齢期難聴がもたらす影響と期待される介入の可能性.音声言語医学 56:143‐147.2015

 

65歳以上の高齢難聴者は全国で1500万人に上るとされ、超高齢化社会である日本においては緊要な課題である。この稿では、前半では高齢期難聴がもたらす個人や社会への不利益について、後半では補聴器導入や聴覚リハに関する知見を概説している。

 

  • 高齢期難聴が関与する負の影響について

 

高齢難聴者を対象とする多くの疫学研究から、難聴の存在が、抑うつ、意欲低下、認知機能低下、脳萎縮、要介護又は死亡等のリスク増加に関与することが報告されている。

米国民対象の調査では、70歳以上の女性中等度難聴群では、聴力良好群を基準にすると、特に抑うつと有意に関連していたとの報告がある。また、60歳代を対象に、認知機能検査と聴力検査の両方の結果を比較したところ、25dBの聴力低下に伴う認知機能の低下は、7歳の経年変化とほぼ等価であるとの試算を出している。

同じく米で実施された縦断研究では、中等度難聴群では聴力正常群に比べて認知症発症リスクが3倍、高度難聴群では約5倍になるとの報告がある。さらには、難聴群と聴力正常群ではその後のMRI画像の追跡調査で、脳萎縮の進行が有意に速かったという知見が示されている。

また、難聴と死の転帰との関連や、難聴者の医療費支出額が相対的に多い理由としては、難聴がもたらす社会的孤立、認知機能低下、うつ、医療介入に対するアドヒアランス低下、ヘルスリテラシー低下が推察されている。

 

 

 高齢者をターゲットに、規模の大きな集団で補聴器の中長期的な有効性を検証した研究は殆んどない。ここでは100名以上の集団を対象に補聴器介入を行った研究として、Murlowらの研究とvan Hoorenらの研究を紹介している。

 

 Murlowらは退役軍人を対象に、聴力40dB以上の194名を補聴器装用群と非装用群に分けて追跡調査を行った。4か月後、ベースラインと比べて認知機能や抑うつに関する項目で、補聴器装用者の方が有意な改善を示した。

 

 一方で、van Hoorenらは、60歳以上の難聴者に対し、補聴器装用群と非装用群に分け12か月後に認知機能検査を行ったが、両群間に有意な変化を認めなかった。

 

このように調査数もまだ少なく、

「現時点では、高齢者に対する補聴器を用いた介入が『認知機能を保つ効果があるか』または『抑うつの予防効果があるか』というResearch Questionの結論は出ていない

ようだ。

 

筆者らは、国立長寿医療研究センター病院耳鼻咽喉科補聴器外来受診者を対象に、特に80歳以上の年齢群に注目して語音明瞭度を解析している。語音弁別能70%未満である割合は、80歳未満男性で25%であるのに対して、80歳以上だと67.7%と優位に高い結果が出た。また強音圧で明瞭度が最高明瞭度より低値となるロールオーバー現象を年齢別に検討したところ、高齢になるに従いロールオーバー現象が発生しやすいことが分かった。

語音弁別能が低い場合、ロールオーバー現象が起こりやすい場合などは、補聴器への期待が過剰にならないよう、導入前のガイダンスであらかじめ歩調の限界について説明しておくことが求められる。また「補聴器使用は聴覚リハビリテーションである」という啓発が、定着を得るために重要である。

 

(最後のところで今後の聴覚リハの可能性を示唆するような大変興味深い研究が報告されていた。)

 

“楽器演奏トレーニングで語音聴取能が向上するのでは?”というOPERA hypothesisである。高齢の音楽家では、同世代の非音楽家と比べて言語聴取時の脳幹や皮質下の反応が速く、音楽的なトレーニングを開始した年齢や、トレーニング継続期間との相関がみられた。このことから以下5条件が揃えば、楽器演奏などの音楽トレーニングが言語をコード化するときの神経活動を高め、聴覚処理ネットワークにおける神経可塑性を促すとする仮説が出された。

Overlap:音楽とスピーチの音響的な処理プロセスで共通する脳内ネットワークの存在。

Precision:音楽がそれらのネットワークに対して、言語より精度の高い処理プロセスを要求するものである。

Emotion:音楽活動がそのネットワークに強い正の感情を引き起こさせるものである。

Repetition:そのネットワークを働かせる音楽活動は頻繁に繰り返される必要がある。

Attention:そのネットワークを活用する音楽活動が意識の注目下に行われること。

 

《感想》

Opera hypothesis、まだ仮説の段階なのでしょうが、たいへん面白いですね。