nobody knows diary

神経心理学や言語病理学について、読んだ論文をまとめています。

てんかん性視覚保続発作について

當間圭一郎,田口敬子,池田昭夫ら:てんかん性視覚保続発作に内側側頭葉と頭頂葉の関与が示唆された1例.臨床神経学 52: 651-655, 2012

 

視覚保続は、

 

対象が実際にあるべき範囲を超えて多数みえる、空間的視覚保続(polyopia)と

 

視覚対象が除去された後にもその像が残存する、反復視(palinopsia)

 

に分類される。

 

この稿では、右側頭葉の腫瘍により、要素性幻視、有形性幻視、視覚保続を呈したてんかん症例を報告している。

 

症例は83歳の女性。脳画像では右側頭葉に髄膜腫が見つかっている。

 

症例の呈した視覚症状は、

 

某日夕方、左上四分の一視野に数個のネオンサインのような光が間欠的にみえたり(要素性幻視)、

 

娘がゴルフをしている過去の像や35年前にみたことのある雑誌の表紙がみえることもあったり(有形性幻視)、

 

人物や電灯が複数個見えたり(空間的視覚保続)、

 

視線をそらしても残像が左視野に数秒間見えることがあった(反復視)、 というものでる。

 

視覚保続発作出現時に記録した123I-IMP-SPECTでは、右内側側頭葉および右頭頂葉に高集積像を認めた。

 

また発作時の脳波では、

 

低振幅速波から始まり高振幅および低周波数と進展するてんかん性放電が、

 

右後頭部から始まり、

 

頭頂葉および右後側頭部に伝播した。

 

これらの所見から、本例の視覚性体験の原因病巣は一か所ではなく、

 

複数の脳部位(後頭葉, O-T junction, 内側側頭葉, 頭頂葉)が関与していると考えられた。

 

たとえば

 

要素性幻視には右後頭葉が関与し、

 

視覚保続発作には右内側側頭葉と頭頂葉の活動が関与しているのではないかと推測している。

 

実際これまでにも、空間的視覚保続の原因病巣として内側側頭葉や内側後頭葉の関与が報告されている。

 

また反復視については、視覚情報の保持に重要であるといわれる頭頂葉(主に頭頂間溝)の機能不全がかかわっていたのではないかと推測している。

 

ちなみに、この症例では過去の記憶にちなんだ複雑性幻視も出現していた。

 

これまでの報告(Penfield, 1963)では、経験性幻視には側頭後頭葉頭頂葉が関連しているとの報告がされてはいるが、

 

本例に経験性幻視が出現しているあいだ、リアルタイムでSPECTや脳波を記録していないため、責任病巣を特定する根拠が十分でないとしている。

 

((つぶやき))